入院中の治療内容 | 医療法人 青峰会 くじらホスピタル

お問い合わせ、初診のご予約はお電話で
お問い合わせ

入院診療について

はじめに、治療目標、治療内容、治療期間について
話し合います

精神疾患での入院も他の科と同様に、患者様と医師で入院の治療計画について確認します。
確認する内容は、入院治療の目標と内容と期間です。
例えば「激しい症状が治まり、体調が回復したら自宅療養に切り替えるまで」とか、「病気の原因をじっくりと整理し、
入院しながら、症状とどうつきあっていけばよいか練習したい」といったことを相談します。

治療目標

治療目標とは、入院治療によって目指す状態のことです。
患者様と医師で確認し、共有します。患者様の現状とご事情などから、例えば、以下のような目標をたてます。

治療内容

入院治療のベースは静かな空間でしっかりと休み、栄養のある食事をとり、生活リズムを整えること。
その上で、患者様一人ひとりの病状やパーソナリティに合わせて、投薬、生活指導、心理療法(カウンセリング)や作業療法などの各種療法を取り入れた治療プログラムを組み立てます。
また、入院中からケースワーカー(精神保健福祉士)が必要に応じて、患者様の生活環境を確認し、相談に対応します。外部機関※1との調整など、退院後の患者様を社会的にバックアップできる体制を整えます。

入院中は、患者様の体調や気分の波、時間帯や気候による症状の変化などに合わせて、
治療プログラムを細かく調整していきます。

  1. ※1 児童相談所や福祉事務所といった行政機関など
  2. ※2 患者様と信頼関係を築き、カウンセリングなどによって治療を行う
  3. ※3 精神科医に準じて精神療法などを行う臨床心理学の専門家
  4. ※4 心身機能の回復や開発を作業活動によってサポートを行う
  5. ※5 体操や散歩などの軽運動によって心身の代謝をあげ、心身の健康を整える療法
  6. ※6 手や身体を使った作業を行うことで心身の機能回復や維持を図る療法
  7. ※7 歌や楽器の演奏、絵画や粘土細工、俳句を作る、ダンスなどの表現を通じて感情を開放し、こころの機能回復を図る療法。
  8. ※8 箱庭に人形やおもちゃなどを自由に置いて表現する表現療法の一つ
  9. ※9 10人前後で自分のことやテーマについて話し合ったり、また、運動や芸術活動などを実施したりする療法。
      他者との関係づくりを見直し、社会復帰に向けて練習することができる。

入院期間について

入院期間について

目標に沿った治療内容とともに、入院期間もあらかじめ設定します。入院期間は、治療目標を優先して決める場合もありますが、入院期間を先に決め、それに合わせてムリのない治療目標をたてる場合もあります。
入院期間は大きく分けて以下の3つとなります。日数は目安ですので、激しい症状が一晩で落ち着いて帰宅される患者様や、症状の強い時期だけ短期入院を繰り返し利用される患者様、通学しながら数カ月間、入院治療を続ける患者様など。

短期入院(1~3週間程度)

家から離れた方がしっかり休める方、
激しい症状を落ち着かせたい方に有効です。

ちょっとしたきかっけで気分がたかぶり、OD※10やリストカットをしてしまい、混乱している。
自分でもどうしていいかわからない。
そんなとき、居場所を変えることで脳の興奮が収まる場合があります。
投薬と医師や療法士によるカウンセリングを行います。自分の状態や考えを整理することができるようになり、こころの状態が落ち着いてきたら、近所へ散歩したり、生活を自律する練習を行って自信をつけましょう。手や身体を使う作業療法や運動療法、芸術療法などの各種療法(個別・集団)に参加することもできます。

※10 OD:オーバードーズ。薬などの大量摂取。 療法プログラムへ

中期入院(1カ月以上3カ月程度)

医師の治療で症状を落ち着かせ、専門家によるサポートで
生活リズムを整え、自律に向かいます。

症状を見極めながら投薬などの治療を進め、体力の回復を図ります。行動や症状が慢性化・固定化している場合は時間をかけて医師や療法士がカウンセリングを行い、患者様とともに病気の原因や状態について理解しながら解きほぐします。場合により、ご家族のカウンセリングも実施。栄養のある食事や落ち着いた睡眠で徐々に生活リズムを整えましょう。各種療法(個別・集団)で手や身体の感覚を刺激しながら、感情を解放し、こころの健康を取り戻していきます。集団療法では人と交流する練習ができます。退院後の生活環境などについても専門家がアドバイスを行います。

個室への長期入院

長い時間をかけて病状が深刻化した方は回復にも時間を要します。
また、地域に対応できる専門の医療機関がないという方も入院治療が有効です。

長期間、症状が続いている、長年、外来で治療を受けてきたが改善が見られない、という患者様は、自分の考えを整理したり家族関係を捉えなおしたりする時間が長く必要になる場合があります。
その他、地域に専門的な医療施設がなく、通院治療が難しいという患者様も、期間を設定した入院で効果的な治療が受けられます。
地元から離れて生活拠点を移すつもりで治療に集中しましょう。プログラムは中期入院と同様に、投薬とカウンセリングで症状の回復を確認しながら、作業療法や運動療法、芸術療法に参加いただきます。症状が治まっても、家で過ごしていると元に戻ってしまう、根強い生活習慣や依存傾向があるという患者様は、専門家の指導のもと、自律できるように練習していきましょう。

ページの先頭へ