老人性うつ | 医療法人 青峰会 くじらホスピタル

お問い合わせ、初診のご予約はお電話で
お問い合わせ

こころの病気について

老人性うつ

「認知症だから治らない」。そうあきらめる前に…
老人性うつ、かもしれません

子どもや働きざかりの大人がうつ病にかかるように、高齢者もうつ病にかかります。
身体の不調を訴え、「何もしたくない」と一日中ぼーっとしていたり、
反応が鈍くなったり、さっきやったこと・聞いたことをすぐに忘れたり、
認知症と症状が似ている部分もあるため、間違われることも多いです。
しかし、認知症とうつ病の治療は異なります。
まずは、正しい診断を受け、適切な治療を受けること。
「治らないだろう」 「元には戻らないだろう」とあきらめていた症状が
良くなるかもしれません。

うつ病(老人性うつ)を発症するきっかけとは?

高齢者の場合、退職や子どもの独立などの生活環境の変化、身近な人との死別、老化に伴う身体的・精神的な衰えなどが原因となり、始まることが多いです。
きっかけになりやすい出来事としては次のようなことがあり、ささいな出来事がうつ病の発症につながることもあります。

高齢者のうつ病の特徴

頭痛やめまい、しびれ、肩こり、耳鳴り、吐き気、食欲不振、不眠など、身体症状を訴えることが多いのが特徴です。そのため、内科や外科などを転々としていろいろな検査を受けたけれど、「異常なし」と言われた…という方も少なくありません。
また、不安や焦燥感が強く、落ち着きがなくなったり、ぼんやりしていたりと認知症のような症状を表すこともあります。こうした症状はそのまま放置していると寝たきりにつながり、そのことが精神的にも身体的にもマイナスな影響を及ぼし、さらなる悪循環をまねきます。また、老齢期のうつ病では、自殺率が高いということも特徴の一つです。

認知症との違い

 高齢者のうつ病認知症
病気の進行 若々しく活動的だった方が、
何らかのきっかけで激変してしまいます
症状はゆっくり進みます
初期の症状 抑うつ症状、心気症状
(胃もたれ、体中が痛い、など)
記憶障害、気分のムラ、性格の変化
日内変動 朝の方が調子が悪く、夕方になるにつれ、良くなる 特にありません
妄 想 疾病妄想・貧困妄想・過剰な罪悪感が三大妄想。ささいな出来事・症状から妄想が膨らんでいく(「腰が痛いから、がんで死ぬのではないか」、「お金がまったくなくなった」、「周りに迷惑をかけているから、死んだ方がいい」 など) 物取られ妄想、性的な逸脱行為(それまでになかったような恋愛関係をもったり、紳士的だった人がお尻を触ったりするようになる など)
攻撃性 特にありません 攻撃的になる
忘れ方 短期記憶 基本的な記憶を忘れている(親しい人がわからない、今の年号や自分の職業・名前がわからない
など)

高齢者のうつ病の治療

うつ病の治療には、薬と休養が大切です。一進一退を繰り返しながらの回復になりますが、適切な治療を続けることで治る病気です。
また、高齢者のうつ病は、生活環境の変化がきっかけとなることが多いため、環境を整えることも大切です。薬物療法とともに、落ち着いた環境での入院生活、簡単なモノをつくる、絵を描くなど個人にあった治療法をを併用し、本人が潜在的に持つ力を引き出して快方に導く治療を行います。

治療について

診察

高齢になってから発症する老人性うつ病は、ほかの病気や衰えとの関係もあり、専門家でも診断が難しい病気です。まずは専門医が患者様の心身の健康状態を正確に把握して診察し、慎重に診断します。

薬について

同じ薬を処方しても若年者と高齢の患者様では、体内での作用・副作用が違います。抗うつ剤の処方も、患者様の体格・健康状態、その他の心身の病気などに応じた微調整をしながら行います。

ご家族のケア、相談

認知症やアルツハイマーといったほかの病気と間違われやすいため、周囲も気づきにくい病気です。持病や日ごろから不調傾向があれば特にわかりにくいもの。体調は変わらないはずなのに、元気がない、沈み込むといった様子が見られたら受診してみましょう。

各種療法

アートセラピー、音楽療法などの集団療法は、体力や体調に問題なければ参加できるとよいでしょう。心地よい刺激に触れることで脳がいきいきと活性化します。こころを柔軟にし、回復力をつけることは年齢に関係なく可能です。

主なこころの病気

うつ病 心的外傷後ストレス障害(PTSD) 摂食障害
適応障害 依存症 児童思春期の問題行動
人格障害 子育て不安・虐待 老人性うつ
認知症
ページの先頭へ