こころの病気について | 医療法人 青峰会 くじらホスピタル

お問い合わせ、初診のご予約はお電話で
お問い合わせ

こころの病気について

こころの病気とは

こころの病気は、患者様が病気としての自覚症状を持ちにくいという特徴があります。
こころの病気も身体の病気と同様で、症状が軽いうちに気づいて対処をしておけば、時間も費用もそれほどかからずに改善するケースが少なくありません。
病気が進行する前に、「最近、へんだな」と感じたら、健康診断のつもりでこころの専門医に診てもらいましょう。

病状チェック エピソード

「眠れない」「イライラする」といったことは誰にでも起こります。しかし、こころの病気が隠れていたり、ストレスにさらされている状態を放置したため、病気になったりすることもあります。日頃から、こころの健康状態を気軽にチェックしてみましょう。

精神科や心療内科の受診が特別なことではなくなった現代ですが、「今、疲れているだけ」「病気ではない」と専門家への相談を先延ばしにしている方は多いようです。つらい症状を長引かせることはありません。入院治療で快方に向かっている方の例をご紹介します。

主なこころの病気

こころが人それぞれで複雑なように、こころの病気も同様です。病名が同じでも症状の出方や治療方法は患者様によって異なります。ここでは、代表的なこころの病気について基本的な情報をご紹介します。

ページの先頭へ