くじらホスピタルの役割 | 医療法人 青峰会 くじらホスピタル

お問い合わせ、初診のご予約はお電話で
お問い合わせ

くじらホスピタルについて

くじらホスピタルの役割

今まで、症状に見合う治療施設が見つからなかった
患者様を受け入れ、地域社会と連携しながら、
精神科医療の新しい領域に対応しています

複雑化する情報社会の中で強いストレスを受けたり、家族関係・人間関係などの不安や悩みから
「こころの病気」になる人は、年々、増加しています。
しかし、こうした現代社会特有の「うつ」「摂食障害」「人格障害」「適応障害」「依存症」等に対応する
専門的な治療施設は、残念なことにあまり見あたりません。
外来を中心とした精神科・心療内科のクリニックか、
または旧来の「統合失調症」等の患者様を対象とした精神病院が
ほとんどという状態が続いています。

本来、こうしたストレス等から発症された精神科領域の患者様は、
自主性を尊重しながら入院治療を行うことで、自律・快方に向かうことができる患者様です。
ところが、旧来の精神病院に入院され、かえって、病状が重くなるケースも見られます。
結果的に「精神病院に入院すると長期間、管理・拘束されたままで社会復帰できない」状態になり、
それが、患者様のみならず、社会全体の「精神科への入院治療」に対する恐怖心を植え付け、
治療の機会を逃すという深刻な事態を招いてきました。

くじらホスピタルは旧来の精神病院ではありません。
「うつ」「摂食障害」「人格障害」などの領域の患者様を受け入れ、専門的な入院治療を行う一般病院です。
患者様の自主性を尊重しながら治療にあたり、自律・快方へ向かうサポートをする役割を担っています。
最近では、医療界全体の考え方も「完治が難しい患者様は、症状と上手に付き合いながら、
社会生活を送れるように支援する」という方向へと変化してきました。
くじらホスピタルは「病気」だけにフォーカスせず、患者様という1人の「人間」と向き合う視点を大切にしています。
患者様が社会と隔絶されず、どのように生活することがよいのか、
医師をはじめとした医療スタッフ、ケースワーカーを交えたチームで考えていきます。
患者様が社会の中で「よりよく生きる」ために、患者様と社会をつなぎながら、サポートしていくことが、
くじらホスピタルの役割だと考えています。

ページの先頭へ

くじらホスピタルの役割

くじらホスピタルでは、患者様の生活全体を考え、必要に応じてさまざまな機関と連携して対応していきます。
患者様とご家族、医療、各種機関、行政サービスなどをつなぎ、患者様のよりよい生活が実現されることを目指しています。

ページの先頭へ